青色申告で確定申告するためには

青色申告で確定申告するためには税務署に「所得税の青色申告承認申込書」というのを提出しなければなりません。この申込書には住所・氏名・職業等を記入し、どのような簿記方式をとるか(複式簿記、簡易簿記)を選ぶ必要があります。また、どのような帳簿を使うか(総勘定元帳、売掛帳、買掛帳など)も選ぶ必要があります。
※「所得税の青色申告承認申請書」は国税庁のウェブページより取得できます。

単式簿記というのはシンプルさが魅力で、お金の入金があったときや、お金を支払った時に帳簿を記帳していきます(現金主義)。お小遣い帳や家計簿をつける感覚で記帳でき、最低限必要な帳簿は現金出納帳・経費帳・売上帳です。ただ、控除が受けられる金額は10万円と少なくなっています。

複式簿記というのは取引を借方・貸方に分け「1つの取引を2つ以上の勘定科目に振分けして記入していく」という帳簿の記入方式のことです。簿記の知識が多少必要となってきますが、慣れてくれば簡単です。最近は便利な会計ソフトもたくさん販売されていますので、簡単に済ませたいという方はそちらを購入されることをおすすめします。

複式簿記に必要な帳簿は総勘定元帳・仕訳帳の主要簿の他に、現金出納帳・売掛帳・買掛帳などです。また、控除がうけられる金額は最高65万円となっています。

関連記事リスト

青色申告に必要な帳簿(主要簿・補助簿)を用意しよう
青色申告で確定申告するには帳簿を用意する必要があります。主に複式簿記で...

自営業の確定申告は年収いくらから必要?
自営業を開業し収入が増えてくると気になるのが税金の支払いですよね?自営...

複式簿記で必要な帳簿と記帳できるフリーソフト一覧
複式簿記で必要な帳簿と記帳できるフリーソフト一覧。青色申告するなら複式...

平成24年度の税制改正まとめ(中小企業向け・減価償却など)
平成24年度の税制改正まとめ(中小企業向け・所得税・減価償却など)...

コメントを残す

このページの先頭へ