自営業の確定申告は年収いくらから必要?

自営業を開業し収入が増えてくると気になるのが税金の支払いですよね?自営業の場合いったいいくらの年収になれば確定申告をしないといけないのでしょうか?

一般的に収入が38万円以上になれば確定申告をしなければいけないと言われていますが(基礎控除が38万円の為)、私は自営業の場合は赤(利益がない)でも確定申告すべきだと思います。

何故なら生活に必要な健康保険は前年度の収入をもとに計算されるからです。また国民年金も年収が低いと支払を考慮してくれる制度もあります。利益がマイナスで所得税や住民税を支払わなくてよいからといって確定申告をしていないとこういった制度も受けられなくなってしまいます。

また、開業当初は設備投資などで必要経費がかなりかかりますよね?この必要経費は購入金額によっては減価償却できますので、今後数年間の必要経費として計上することができます。来年、再来年・・・と売上が上がってくると考えられますので、来るべき時に備えてきちんと確定申告しておきましょう。

関連記事リスト

青色申告に必要な帳簿(主要簿・補助簿)を用意しよう
青色申告で確定申告するには帳簿を用意する必要があります。主に複式簿記で...

青色申告で確定申告するためには
青色申告で確定申告するためには税務署に「所得税の青色申告承認申込書」と...

平成24年度の税制改正まとめ(中小企業向け・減価償却など)
平成24年度の税制改正まとめ(中小企業向け・所得税・減価償却など)...

複式簿記で必要な帳簿と記帳できるフリーソフト一覧
複式簿記で必要な帳簿と記帳できるフリーソフト一覧。青色申告するなら複式...

コメントを残す

このページの先頭へ