WordPressで精度の高い関連記事を表示させるプラグインYARPPの設定方法

ブログの記事が増えてきたらPVを増やすためにも、より精度の高い関連記事を表示させたいですよね。今日はWordPressで使える関連記事を表示させるプラグインYARPPを紹介したいと思います。

まずはYARPPをインストールします。

管理画面の「プラグイン」→「新規追加」をクリック
2012-07-12_13h27_05

プラグインの検索で「YARPP」と入力し検索
2012-07-12_13h28_20

Yet Another Related Postsの「いますぐインストール」をクリック
2012-07-12_13h30_07

自動的にインストールが開始されます。ダウンロードが終わればプラグインを有効にします。

関連記事を表示させるために細かい設定をする

関連記事を表示させるプラグインYARPPをダウンロードしたら、オプション画面で細かい設定をする必要があります。

インストールが完了したら、プラグインを有効にし「関連記事設定ページ」をクリック。
(WordPress管理画面の「設定」→「関連記事(YARPP)からでもOKです。)
2012-07-12_12h33_322012-07-12_12h31_01

画面右上の「表示オプション」をクリック
2012-07-12_12h35_58

表示する項目の「フィルター設定」「関連スコア設定」にもチェックを入れる。
2012-07-12_12h37_10

フィルター設定では特定のカテゴリやタグを表示させない設定もできます。
2012-07-12_12h40_39

「関連スコア設定」が関連記事を表示させるうえで一番重要になってくる項目です。
自分のサイトに合うように設定していきましょう。
2012-07-12_12h46_46

※表示する最低関連スコアは、自分のサイトの関連表示されている所で確認できます。
(WordPressにログインした状態で自分だけが確認できます。)
2012-07-12_13h08_13

「表示設定ウェブサイト用」はウェブサイトに表示させる関連記事数などを設定する場所です。
スタイルシートの追加などタグを変更したい場合もこちらで行います。
2012-07-12_13h01_23

任意の場所に関連記事を表示させたい場合は「自動的に関連記事を表示する」のチェックをはずします。(チェックを入れた状態だと、投稿記事の一番下に関連記事が自動で表示されます。)

チェックをはずした場合はテンプレート「single.php」の関連記事を表示させたい場所に
下記のコードを追加します。

<?php related_posts(); ?>

これで関連記事を表示させる設定は終わりです。PVもあがるかな~shine.gif

関連記事リスト

カスタム投稿タイプを使ってカメラ専用のページを作る①
カスタム投稿タイプを使ってカメラ専用のページを作りました。プラグインの...

WordPressの固定ページでカスタムフィールドを使って関連記事を表示させる方法
WordPressの固定ページでカスタムフィールドを使って関連記事を表...

WordPressにCSV Importerを使ってWeb APIデータをインポートする
Web APIで取得したXMLデータをCSVで保存をし、そのデータをW...

wordpressのデータベース(mySQL)に独自テーブルを作りデータを取り出す方法まとめ
WordpressのMySQLデータベースに独自テーブルを追加して、そ...

WordPressデータベースバックアップに必須のプラグインWP-DBManager
WordPressデータベースバックアッププラグインのWP-DBMan...

Windows Live Writerで過去に投稿した記事を編集するには
Windows Live Writerで過去に投稿した記事をインポート...

ファビコン(favicon.ico)の設置方法、WordPressでファビコンを表示させる方法
ファビコン(favicon.ico)の設置方法、WordPressでフ...

投稿する画像を任意のサイズに変更するワザ
WordPressでブログを投稿していると何かと面倒になってくるのが、...

【覚書】ポスト記事の下に同カテゴリ内の関連記事をサムネイルつきで表示させる
個別ポスト記事(single.php)で、記事下に同カテゴリ内の関連記...

WordPressでサイトアドレス(URL)を変更する方法について
WordPressでサイトアドレス(URL)を変更する方法について(バ...

コメントを残す

このページの先頭へ