投稿する画像を任意のサイズに変更するワザ

WordPressでブログを投稿していると何かと面倒になってくるのが、画像サイズの変更だったりしませんか?

デジタルカメラで設定できる最小サイズは640×480だったりするし。

画像を縮小させるだけでいいんだけど・・・・。

プラグインをいろいろ探していたけれど・・・・それよりも簡単に設定できるところがありました!shine.gif

Wordpress管理画面の『設定』→『メディア』
こちらで、たとえば大サイズの『幅の上限』を任意のサイズに変更すると・・・・
(ここでは500)

記事を投稿する画面で、画像を挿入する(アップロードする)と
最後にタイトルや配置、画像サイズを選択する場面がでてきます。

ここで先ほど設定した任意のサイズ(500)が選択できるようになります。

あとは大サイズを選択して、『投稿に挿入』ボタンを押すだけでok.gifです♪
これでブログを投稿する頻度もアップするはずhappy02.gif

※元画像がリサイズされてアップロードされるわけではありません。
※容量が大きいサイズの場合はアップロードする前に画像処理ソフトで縮小したほうがよいと思います。

関連記事リスト

WordPressで簡単作成!スマホ対応サイトの作り方
WordPressで簡単に作成できるスマホ(スマートフォン)対応サイト...

Googleアドセンス収益アップセミナーに参加して改善したこと。
大阪Googleアドセンス収益アップセミナーに参加してWordPres...

【覚書】ポスト記事の下に同カテゴリ内の関連記事をサムネイルつきで表示させる
個別ポスト記事(single.php)で、記事下に同カテゴリ内の関連記...

wordpressのデータベース(mySQL)に独自テーブルを作りデータを取り出す方法まとめ
WordpressのMySQLデータベースに独自テーブルを追加して、そ...

WordPress親固定ページで子ページの記事一覧を表示させる方法
サイト型アフィリエイトサイトを作る時に便利なのが固定ページの利用です。...

WordPressを導入したら始めに入れたい、おすすめプラグイン5個
WordPressを導入したら始めに入れたい、おすすめプラグイン5個に...

あるとちょっと便利なWordPressプラグイン3個
最近はサイト作りはWordPressが基本なのですが、入れているプラグ...

コメントスパム対策プラグインAkismetのAPIキー(無料)を取得する方法
コメントスパム対策プラグインAkismetのAPIキー(無料)を取得す...

カテゴリごとに異なる画像やテキストを表示させるWordPressプラグイン(Category Meta plugin)
カテゴリページごとに違う画像やテキストを挿入したい場合に使えるプラグイ...

サイトの読み込みページを早くするWordPressプラグイン「Quick Cache」
Googleのスコアカードでサイトの状況の「ページ読み込み時間のパフォ...

コメントを残す

このページの先頭へ