ファビコン(favicon.ico)の設置方法、WordPressでファビコンを表示させる方法

ファビコンを作成したら、次はホームページにそのファビコンを表示させる設定をしなければなりません。ここではファビコン(favicon.ico)の設置方法について説明したいと思います。

ファビコンをサーバーにアップロードする

まず、作成したファビコンを自分の使っているサーバーにアップロードします。

2012-07-19_09h51_51

例ではhttps://harublog.popnavi.net/img/favicon.icoにファビコンファイルを設置しました。

次にファビコンを表示させるために、htmlのタグ<head>~</head>の間に下記のタグを記入します。

<link rel="shortcut icon" href="http://example.com/favicon.ico" />

※URLは自分のファビコンを設置したものに変更してください。

例:ホームページのソースでは下記のように表示されています。
2012-07-19_09h58_55

WordPressを使っている場合は「外観」→「テーマ編集」→「ヘッダー(header.php)」に追加してみてください。

テンプレートを更新させればこれでファビコンの設置は完了です♪
設置したホームページを表示させてファビコンが出てくるかどうか確認してみましょう!

ファビコンが表示されない場合はブラウザのキャッシュをクリアする

新しいファビコンを設置したはずなのに、前のファビコンが表示されて、キチンと表示されない!という場合は一度ブラウザーのキャッシュをクリアしてみてください。

Firefoxの場合「オプション」→「オプション」をクリック
2012-07-19_10h08_08

オプションの「プライバシー」のタブを表示させて「最近の履歴を消去」をクリック
2012-07-19_10h09_46

最近の履歴を消去で「キャッシュ」にチェックを入れて「今すぐ消去」をクリック
2012-07-19_10h10_38

これでOKです。後はホームページを表示させた状態でファンクションキー「F5」を押してリロードしてみてください。

これで新しいファビコンが表示されるハズだと思いますshine.gif

関連記事リスト

taxonomy-term.phpで特定の親(固定ページ)をもつ子ページだけ表示させる方法
taxonomy-term.phpに特定の親ページをもつ子ページを表示...

あるとちょっと便利なWordPressプラグイン3個
最近はサイト作りはWordPressが基本なのですが、入れているプラグ...

WordPressにソーシャルボタンを設置するプラグイン「WP Social Bookmarking Light」
WordPressにソーシャルボタンを設置するプラグイン「WP Soc...

サイトの読み込みページを早くするWordPressプラグイン「Quick Cache」
Googleのスコアカードでサイトの状況の「ページ読み込み時間のパフォ...

カスタム投稿タイプを使ってカメラ専用のページを作る①
カスタム投稿タイプを使ってカメラ専用のページを作りました。プラグインの...

Googleアドセンス収益アップセミナーに参加して改善したこと。
大阪Googleアドセンス収益アップセミナーに参加してWordPres...

WordPressデータベースバックアップに必須のプラグインWP-DBManager
WordPressデータベースバックアッププラグインのWP-DBMan...

WordPressで精度の高い関連記事を表示させるプラグインYARPPの設定方法
ブログの記事が増えてきたらPVを増やすためにも、より精度の高い関連記事...

カテゴリごとに異なる画像やテキストを表示させるWordPressプラグイン(Category Meta plugin)
カテゴリページごとに違う画像やテキストを挿入したい場合に使えるプラグイ...

wordpressのデータベース(mySQL)に独自テーブルを作りデータを取り出す方法まとめ
WordpressのMySQLデータベースに独自テーブルを追加して、そ...

コメントを残す

このページの先頭へ