WordPressデータベースバックアップに必須のプラグインWP-DBManager

こんにちは!最近Windows Live Writerにはまって、まじめにブログを更新しているHaruです。

今日はWordPressでサイトを運営するなら必須となるデータベースのバックアップを超簡単にしてくれるプラグインをご紹介します♪

2012-05-10_1003

WP-DBManager
WP-DBManagerはWordPressのデータベースであるSQLを定期的に自動でバックアップしてくれるプラグインです。

バックアップにはいろいろな方法があるのですが、手動でやるとなるとついつい忘れがちになりますので、こういったプラグインを使うほうがいいですよね?

次から導入方法を説明したいと思います。

WP-DBManagerの導入方法

2012-05-10_1119

まずWordPressのダッシュボード画面から「プラグイン」をクリックし、「新規追加」ボタンを押します。

2012-05-10_1121

次にプラグインを検索する画面が出てきますので「WP-DBManager」と入力し「プラグインの検索」ボタンを押します。

WP-DBManagerというプラグインが検索結果にあらわれたら「インストール」をクリックすると自動的にWordPressにインストールされます。

インストールが終わればプラグインを「有効」にしてください。

2012-05-10_0941

プラグインを有効にすると上の画像のように赤い警告画面がでます。

これはサーバー上のwp-content/plugins/wp-dbmanagerにある.htaccessファイルを、wp-content/backup-dbに移動させて下さい!というものです。

2012-05-10_0946

FFFTPのソフトをひらき、サーバーでwp-content/plugins/wp-dbmanager見てみると「htaccess.txt」というテキストファイルがありました。

このファイルを一度ローカルの自分のパソコンにダウンロードします。

2012-05-10_0949

次にサーバーwp/wp-content/backup-dbにこのテキストファイルをアップロードします。

テキストファイルを選択して右クリックを押すと「名前の変更」をすることができるようになりますので、こちらに「.htaccess」と入力しOKボタンを押します。

これでWordPressのダッシュボード画面で赤い警告が消えていると思います。

WP-DBManagerでバックアップをとる

導入が終われば早速バックアップできるかやってみましょう!

2012-05-10_0953

WordPressの管理画面左に「Database」という項目が表示されていると思いますので、クリックをして「Backup DB」を選びます。

「GZIP Database Backup File?(ファイルを圧縮するかどうか)」という所の「Yes」を選択し、「Backup」ボタンを押すとバックアップの完了ですhappy02.gif
※圧縮したくない場合は「No」のままでOKです。

2012-05-10_0954

FFFTPをひらいてサーバーを見てみると、「gz」というファイルが追加されているのが分かります。これが先ほどバックアップしたファイルになります。

WP-DBManagerを使いこなす

このプラグインには非常に便利な機能が備わっています。

2012-05-10_0958

「DB Options」のオプション画面ではバックアップファイルの数を指定することができます。
たとえば「10」と設定していると、自動で最新の10個だけをバックアップファイルとして残すようになります。

2012-05-10_0957

もちろん、どのような間隔でバックアップするのかも細かく設定できます。
Minutes(分)、Hours(時間)、Day(日)、Week(週)、Month(月)

Gzipを「Yes」にしておくと自動的に圧縮したファイルでバックアップされます。

「E-mail backup to:」にメールアドレスを登録しておくと、こちらにも自動でバックアップファイルが転送されるようになります。私もダブルで備えていますよ♪

WP-DBManagerは英語表記ですのでちょっと難しく感じるかもしれませんが、設定はとても簡単にできますので、是非この機会に挑戦してみてくださいね

関連記事リスト

WordPressで精度の高い関連記事を表示させるプラグインYARPPの設定方法
ブログの記事が増えてきたらPVを増やすためにも、より精度の高い関連記事...

WordPressのバックアップ・プラグイン「BackWPup」でサイト全体を保存する
WordPressのバックアップ・プラグイン「BackWPup」でサイ...

wordpressのデータベース(mySQL)に独自テーブルを作りデータを取り出す方法まとめ
WordpressのMySQLデータベースに独自テーブルを追加して、そ...

【覚書】ポスト記事の下に同カテゴリ内の関連記事をサムネイルつきで表示させる
個別ポスト記事(single.php)で、記事下に同カテゴリ内の関連記...

WordPressにCSV Importerを使ってWeb APIデータをインポートする
Web APIで取得したXMLデータをCSVで保存をし、そのデータをW...

WordPressにソーシャルボタンを設置するプラグイン「WP Social Bookmarking Light」
WordPressにソーシャルボタンを設置するプラグイン「WP Soc...

Windows Live Writerで過去に投稿した記事を編集するには
Windows Live Writerで過去に投稿した記事をインポート...

WordPress関連のコンテンツ移転
WordPressのカスタマイズ関連の情報がこれから多くなりそうなので...

ファビコン(favicon.ico)の設置方法、WordPressでファビコンを表示させる方法
ファビコン(favicon.ico)の設置方法、WordPressでフ...

Googleアドセンス収益アップセミナーに参加して改善したこと。
大阪Googleアドセンス収益アップセミナーに参加してWordPres...

6 Responses to “WordPressデータベースバックアップに必須のプラグインWP-DBManager”

  1. mori より:

    「移動」の仕方が分からず悩んでいたらお教えの通りのやり方でファイルの移動はできました!でもダッシュボード画面の赤い警告が消えません・・・・。操作手順を間違ってはいない筈ですが・・。アドバイスをお願いします。

  2. mori より:

    先ほどの件は名前の変更をミスしていました。赤の警告はでなくなりましたが。イザ、バックアップと事を進めたらまたまたエラーメッセージが・・・再度頓挫してしまいました。恐れ入りますが対策ご教授願います。
    以下メッセージです。

    Checking MYSQL Dump Path …
    MYSQL dump path does NOT exist. Please check your mysqldump path under DB Options. If uncertain, contact your server administrator.

    Checking MYSQL Path …
    MYSQL path does NOT exist. Please check your mysql path under DB Options. If uncertain, contact your server administrator.

    Checking PHP Functions (passthru(), system() and exec()) …
    passthru() enabled.
    system() enabled.
    exec() enabled.

  3. Haru より:

    moriさん

    ご質問ありがとうございます。
    こちらのエラーはサーバーによって出るみたいですね。
    解決方法は下記のURLを参考にしてみてください。
    ⇒ http://dhive.jp/blog/yama/?p=4708

    もし、ダメならこちらのバックアッププラグインを使ってみてください。
    DBだけでなく、テンプレートなども保存してくれます!
    http://harublog.popnavi.net/web-work/wordpress-backwpup/

    • Haru より:

      moriさん

      先ほどのコメントはパスワードが含まれていましたので、表示させないようにしています。
      私も専門化ではありませんので、お力になれるかどうかは分からないのですが、
      とりあえず、どこのサーバーを使っているのか教えていただけますか?

      ⇒ お問い合わせのメールフォームからお願いします!
      返信は夜遅くになると思います。

コメントを残す

このページの先頭へ