Windows Live Writerの基本的な使い方①導入編

風邪で2日間寝込んでました。Haruです。こんにちは
まだセキが止まらない時があって、ゼッ不調ですがWindows Live Writer のおかげで更新できてますw

今日はWindowsユーザーなら是非使ってほしい、ブログエディターの
Windows Live Writerの基本的な使い方について書いてみたいと思います!

Windows Live Writerは国内主要のブログはもちろんのこと、MT、WordPress、TypePadなどにも対応していますので、複数のブログを管理するにはとても便利です。

Windows Live Writerをインストールするには

Windows Live WriterはMicrosoft社が提供しているWindows用の無料ソフトです。

まずは、自分のPCにインストールされていないか確認してみてください。

2012-05-25_1120

スタートボタンから「すべてのプログラム」を選択

2012-05-25_1118_001

Windows Live Writerがあればすでにインストールされています。

もしなければ、Microsoftサイトからダウンロードします。

2012-05-25_1127

今すぐダウンロードを選択するとアプリケーションファイルがPCに保存されます。

保存されたファイルをダブルクリックするとインストールが始まります。

2012-05-25_1130

そのままだと、Windows Live Essentialsのソフトがすべてインストールされてしまうので
それが嫌だという方は、「インストールする製品の選択」をクリックして「Windows Live Writer」のみにチェックをいれてインストールを開始してください。

ブログを登録する

インストールが完了したら、いよいよブログの登録に移りたいと思います。

初めてWindows Live Writerを起動すると、ブログアカウントを登録する画面がでてきますので、自分の持っているブログが、どのブログサービスにあてはまるかをチェックします。
2012-05-25_1030

ブログサービスを選んで「次へ」を選択

2012-05-25_1031

サイトのURL、ユーザー名、パスワードを入力し、 パスワードを保存するにチェックをいれ「次へ」 を押すと、内容があっていれば下記のような画面がでてきます。

2012-05-25_1055

「はい」を選択すると

2012-05-25_1056

ブログが構成されましたとメッセージがでますので「完了」を押します。
これで、ブログの登録が完了しました!

これでいつでもWindows Live Writerを使ってブログを更新できるようになりますshine.gif

XML-RPCが無効になっていますというエラーが出た場合

2012-05-25_1052

ブログを登録している途中でこういうメッセージがでた場合は、ブログ側でXML-RPCを有効にしなくてはなりません。

2012-05-25_1053

WordPressの場合管理画面の「設定」→「投稿設定」を選び、リモート投稿の設定で
XML-RPCにチェックを入れ、更新を保存します。

設定が終われば、再度、Windows Live Writerに戻り、「次へ」ボタンを押してみてください。

関連記事リスト

Windows Live Writer がブログエディターとして非常に使いやすかった件
Windowsで使えるブログエディタについて。Windows Live...

Windows Live Writerでブログアカウントの追加でエラーが出た場合の対処方法
Windows Live Writerを使い始めるときにブログアカウン...

Windows Live Writerで過去に投稿した記事を編集するには
Windows Live Writerで過去に投稿した記事をインポート...

Windows Live Writerで画像を簡単に処理する
Windows Live Writerの大きな魅力といえば、画像処理機...

Windows Live Writerの使い方②ブログを書く
PCでブログを書くならWindows Live Writerがとっても...

コメントを残す

このページの先頭へ