WordPressで簡単作成!スマホ対応サイトの作り方

総務省の発表によるとスマホ(スマートフォン)の普及率は、2011年末で世帯普及率が29.3%となったそうです!

最近ではPCを使わずスマホだけ使用するという人も増えてきており、サイトのスマホ化も必須となってきています。

そこで今日はWordPressで簡単に作成できるスマホ(スマートフォン)対応サイトの作り方について書いてみたいと思います。

WordPressならスマホ対応サイトの作成も簡単

WordPressならスマホ対応のサイト作成もプラグインを入れるだけ!
とっても簡単に出来てしまいます。

WordPressのスマホ化プラグインWPTouch

WordPressサイトをスマホに対応させるにはWPTouchというプラグインを使います。

プラグインの新規追加で「WPTouch」を検索します。
2012-08-07_10h28_23

「いますぐインストール」をクリックし、プラグインを有効化にします。
2012-08-07_10h31_46

設定画面で「WPtouch Language」をJapaneseに変更>「Save Options」をクリック

2012-08-07_10h48_54

これで日本語で設定画面が日本語に変更されますので、タイトルなどの細かい設定をしていきます。

カスタム User-Agent

WPTouchはiPhoneやiPod、Android、BlackBerryなどには対応していますが、それ以外のスマホに対応させたい場合、詳細オプションにある「カスタム User-Agent」を使います。

現在、正規にサポートしていないデバイスに対して WPtouch を有効にするために、User-Agent をコンマで区切って入力してください。

Windows Phoneの場合は「IEMobile/9.0」と入力>オプションを保存
2012-08-07_12h43_53

参考:WordPressのプラグイン「WPtouch」をWindows Phone 7.5にも最適化させてみた – オレンヂ

スタイルを変更する

背景やカラーを変更したい場合は詳細設定の「スタイル&カラーオプション」から出来ます。
2012-08-07_13h01_01

サイトをスマホに対応させた後に、どういう風に表示されるかはFirefoxのアドオンを使えば
パソコンのブラウザからでも確認ができます。

そのやり方については次回に説明したいと思います。

関連記事リスト

【覚書】ポスト記事の下に同カテゴリ内の関連記事をサムネイルつきで表示させる
個別ポスト記事(single.php)で、記事下に同カテゴリ内の関連記...

Windows Live Writerで過去に投稿した記事を編集するには
Windows Live Writerで過去に投稿した記事をインポート...

WordPress関連のコンテンツ移転
WordPressのカスタマイズ関連の情報がこれから多くなりそうなので...

キャッシュプラグインを入れてもサイト表示が遅い!を解決する方法
キャッシュプラグインを入れてもまだサイト表示が遅いので、DBをキャッシ...

あるとちょっと便利なWordPressプラグイン3個
最近はサイト作りはWordPressが基本なのですが、入れているプラグ...

サイトの読み込みページを早くするWordPressプラグイン「Quick Cache」
Googleのスコアカードでサイトの状況の「ページ読み込み時間のパフォ...

カテゴリごとに異なる画像やテキストを表示させるWordPressプラグイン(Category Meta plugin)
カテゴリページごとに違う画像やテキストを挿入したい場合に使えるプラグイ...

wordpressのデータベース(mySQL)に独自テーブルを作りデータを取り出す方法まとめ
WordpressのMySQLデータベースに独自テーブルを追加して、そ...

は、早すぎる!?日本のスマホ普及率と通販利用状況について
は、早すぎる!?日本のスマホ普及率と通販利用状況について。...

wordpressテンプレート変更の作業メモ
wordpressのテンプレート変更作業メモ(自分用)...

コメントを残す

このページの先頭へ