サイトの読み込みページを早くするWordPressプラグイン「Quick Cache」

2013-07-01_09h50_49

Google Adsenseの管理画面に新しく追加された「スコアカード」というサイトの評価システムがあるのですが、サイト状況の「ページ読み込み時間のパフォーマンス」がすごく悪かったので、サイトの読み込みを早くするWordPressのプラグイン「Quick Cache」を入れてみることにしました。

※他にもWP super cacheとかメジャーなプラグインもあるみたいですが、いろいろ悪さをする?みたいなんでこちらにしました。

現状のサイトの表示速度を確認するには?

2013-07-01_10h27_01

まず、プラグイン入れてサイトの表示速度が改善されたかどうかを見るために、現状のページ速度を確認しておきます。

Google Analyticsならコンテンツ⇒サイトの速度⇒ページ速度から確認することができます。

このサイトの1ヶ月のサイトの平均速度は5.26秒となっていました。

他にもGTmetrixでも速度を計ることができます。

WordPressにプラグイン「Quick Cache」を入れる

2013-07-01_09h57_26

では、早速プラグインを入れていきましょう!

WordPressの管理画面よりプラグインの新規追加をクリックし「Quick Cache」と入力、プラグイン検索します。

Quick Cache(Speed Without Compromise)の「いますぐインストール」をクリックし、プラグインを有効にします。

2013-07-01_10h12_45

WordPressの管理画面よりQuick Cache⇒Config Optionsをクリックします。

2013-07-01_10h13_25

デフォルトではQuick CacheはOffになっていますので、Onに変更します。

2013-07-01_10h16_57

キャッシュする時間はデフォルトでは1時間ごとになっています。更新頻度が少ないサイトの場合はもう少し数字を増やしてもOKだと思います。(1週間=604899、1日=86400)

2013-07-01_10h17_53

変更が終われば、一番下の「Save All Changes」をクリックします。

Quick Cacheの設定はこれだけです。簡単ですね!

これで表示速度が実際に改善されるか経過を見てみたいと思います。
体感的には早くなっているような気がしますよ♪

追記:スマホ表示プラグイン「WP touch」併用の注意点

スマホ表示プラグインで「WP touch」を使っている場合注意が必要なんだそうです。

Quick CacheとWPtouchを併用する時の注意 | Re:very

iPhoneやAndroidで接続したときのキャッシュが残ってしまい、PCで表示させたときにそのキャッシュが残ってしまうというもの。
(PCでアクセスしているのにスマホ用の画面が表示されてしまうそうです。)

2013-07-25_09h13_29

それを回避するには、Options設定で「No Cache User-Agent Patterns」に「iPhone,Android」を追加すればOKです。

関連記事リスト

WordPressで特定のカテゴリ(タグ)記事だけを表示させる方法
WordPressで特定のカテゴリやタグ内の記事を表示させる方法。アイ...

コメントスパム対策プラグインAkismetのAPIキー(無料)を取得する方法
コメントスパム対策プラグインAkismetのAPIキー(無料)を取得す...

カスタム投稿タイプを使ってカメラ専用のページを作る②
カスタム投稿タイプで専用ページを作る方法②です。今回はテンプレートの作...

WordPressでサイトアドレス(URL)を変更する方法について
WordPressでサイトアドレス(URL)を変更する方法について(バ...

キャッシュプラグインを入れてもサイト表示が遅い!を解決する方法
キャッシュプラグインを入れてもまだサイト表示が遅いので、DBをキャッシ...

WordPressにソーシャルボタンを設置するプラグイン「WP Social Bookmarking Light」
WordPressにソーシャルボタンを設置するプラグイン「WP Soc...

WordPress関連のコンテンツ移転
WordPressのカスタマイズ関連の情報がこれから多くなりそうなので...

WordPressの固定ページでカスタムフィールドを使って関連記事を表示させる方法
WordPressの固定ページでカスタムフィールドを使って関連記事を表...

WordPressにCSV Importerを使ってWeb APIデータをインポートする
Web APIで取得したXMLデータをCSVで保存をし、そのデータをW...

ファビコン(favicon.ico)の設置方法、WordPressでファビコンを表示させる方法
ファビコン(favicon.ico)の設置方法、WordPressでフ...

コメントを残す

このページの先頭へ