あるとちょっと便利なWordPressプラグイン3個


最近はサイト作りはWordPressが基本なのですが、入れているプラグインが多くなってきましたので、覚書もかねてあると便利なプラグイン3個をご紹介します!

基本のプラグイン5個についてはこちらを参照してください!
WordPressを導入したら始めに入れたい、おすすめプラグイン5個

①「category」を表示させないプラグイン「FV Top Level Categories」

2012-12-10_10h02_49

WordPressをインストールし、カテゴリを作るとカテゴリ名の前になぜか「category」が入ってしまいますよね。「FV Top Level Categories」はこれを表示させないようにするプラグインです。

使い方は簡単で、プラグインをインストール⇒有効化するだけです

②タグ入力を簡単にするプラグイン「AddQuicktag」

2012-12-10_10h13_01

こちらのプラグインはよく使うタグを登録しておくと、WordPressの投稿画面でボタン一つでタグ入力ができるというものです。

プラグインをインストール、有効化し、設定⇒「AddQuicktag」を開きます。

2012-12-10_10h17_37
例としてタグのh3を登録してみます。各項目を入力します。

2012-12-10_10h20_36
h3で指定したいところを選択し、h3ボタンを押すと・・・

2012-12-10_10h21_41
h3のタグが入力されました!

③記事中にアドセンスを入れたい時に使える「Quick Adsense」

2012-12-10_10h27_13

このプラグインはアドセンスを簡単に入れられるプラグインです。
私は記事の<!–more–>の後に入れるために使っています。

使い方は設定⇒「Quick Adsense」をクリック

2012-12-10_10h35_57
<!–more–>tagのところにチェックを入れ、「Ads1」に変更

2012-12-10_10h37_40
下のほうへスクロールし、Ads1にアドセンスコードを入力(貼り付け)します。

このプラグインはアドセンスを記事の上や下にも自由に入れることができるのですが、
詳しい使い方に関してはコチラのサイトさまが詳しく解説されていますので参照されてください!

アフィリエイト広告を表示するプラグイン | モノについてのモノ語り
WordPress3.3 Google Adsense コードを簡単に挿入する(2)

関連記事リスト

カテゴリごとに異なる画像やテキストを表示させるWordPressプラグイン(Category Meta plugin)
カテゴリページごとに違う画像やテキストを挿入したい場合に使えるプラグイ...

投稿する画像を任意のサイズに変更するワザ
WordPressでブログを投稿していると何かと面倒になってくるのが、...

WordPressのバックアップ・プラグイン「BackWPup」でサイト全体を保存する
WordPressのバックアップ・プラグイン「BackWPup」でサイ...

WordPressで精度の高い関連記事を表示させるプラグインYARPPの設定方法
ブログの記事が増えてきたらPVを増やすためにも、より精度の高い関連記事...

キャッシュプラグインを入れてもサイト表示が遅い!を解決する方法
キャッシュプラグインを入れてもまだサイト表示が遅いので、DBをキャッシ...

WordPressにCSV Importerを使ってWeb APIデータをインポートする
Web APIで取得したXMLデータをCSVで保存をし、そのデータをW...

WordPress親固定ページで子ページの記事一覧を表示させる方法
サイト型アフィリエイトサイトを作る時に便利なのが固定ページの利用です。...

WordPressの固定ページでカスタムフィールドを使って関連記事を表示させる方法
WordPressの固定ページでカスタムフィールドを使って関連記事を表...

WordPressにソーシャルボタンを設置するプラグイン「WP Social Bookmarking Light」
WordPressにソーシャルボタンを設置するプラグイン「WP Soc...

WordPressでAPIを使ったサイト構築方法:ハーブティー専門店検索サイト編
WordPressでAPIを使ったサイト構築方法:ハーブティー専門店検...

コメントを残す

このページの先頭へ