wordpressテンプレート変更の作業メモ

wordpressのテンプレート変更作業メモ(自分用)

header.php

title分岐

function.php

テンプレートを変更する時はfunction.phpの追加分を入れないと表示されないことがあるので注意

//—————————————————————————
1701 taxonomy分類のnoindexとindex
//—————————————————————————

} else if (is_tax()and !is_paged()) {
if (is_tax('joblist')){
$index = "noindex";
} else {
$index = "index";
}

// 3245 テーマのタグクラウドのパラメータ変更

/*
3208 アーカイブページで現在のカテゴリー・タグ・タームを取得する
http://affiliate.ks-product.com/wrodpress-get-current-term/
*/

/*
3308 term descriptionにhtmlタグうちができるようにする
*/
remove_filter( 'pre_term_description', 'wp_filter_kses' );

/*
3312 タクソノミー(ターム)に入力欄を設ける
https://www.imamura.biz/blog/23035
*/

//カテゴリー入力欄の保存

//—————————————————————————
3341 4.2以降勝手に挿入されるjsを削除
//—————————————————————————
remove_action( 'wp_head', 'print_emoji_detection_script', 7 );
remove_action( 'wp_print_styles', 'print_emoji_styles' );

//—————————————————————————
// 3366 独自カスタマイズ 2017.1.23 authorアーカイブを作らない
//—————————————————————————

add_filter( 'author_rewrite_rules', '__return_empty_array' );

//—————————————————————————
// カノニカルhttpsを表示 2017.5.1追記
//—————————————————————————
function print_current_uri() {
$uri = 'https://' . $_SERVER["HTTP_HOST"] . $_SERVER["REQUEST_URI"];
echo $uri;
}
remove_action('wp_head', 'rel_canonical');//wp_headで勝手に入るカノニカルを消す

⇨header.phpには下記のコードを入れる

<link rel="canonical" href="<?php print_current_uri(); ?>" />

taxonomy.php

ヘッダーをtaxonomy.phpにtitle分岐

term description free_input を表示

パンくず分岐

投稿一覧 conttaxo.phpを作成し読み込む
get_template_part('conttaxo');

taxonomy actionを表示する
if (is_tax( 'action' ))

関連記事リスト

WordPressタグアーカイブページでタグスラッグを取得する方法
Wordpressのアーカイブページのタグテンプレート(tag.php...

コメントスパム対策プラグインAkismetのAPIキー(無料)を取得する方法
コメントスパム対策プラグインAkismetのAPIキー(無料)を取得す...

Googleアドセンス収益アップセミナーに参加して改善したこと。
大阪Googleアドセンス収益アップセミナーに参加してWordPres...

WordPressにCSV Importerを使ってWeb APIデータをインポートする
Web APIで取得したXMLデータをCSVで保存をし、そのデータをW...

【覚書】WPの固定ページを使ってサイトを作る
WordPressの固定ページを使ってブログではなく、サイトのように使...

WordPressのカスタムフィールドを使って商品を価格順に並べ替える方法
Wordpressのカスタムフィールドを使って商品を価格順(数字順)に...

サイトの読み込みページを早くするWordPressプラグイン「Quick Cache」
Googleのスコアカードでサイトの状況の「ページ読み込み時間のパフォ...

WordPressでサイトアドレス(URL)を変更する方法について
WordPressでサイトアドレス(URL)を変更する方法について(バ...

カスタム投稿タイプを使ってカメラ専用のページを作る①
カスタム投稿タイプを使ってカメラ専用のページを作りました。プラグインの...

WordPressで精度の高い関連記事を表示させるプラグインYARPPの設定方法
ブログの記事が増えてきたらPVを増やすためにも、より精度の高い関連記事...

コメントを残す

このページの先頭へ