カスタム投稿タイプを使ってカメラ専用のページを作る①

このたびミラーレス一眼レフのOrympus pen miniを購入したのですが、WordPressの勉強もかねてカスタム投稿タイプを使ってカメラ専用のページを作ってみました!

カスタム投稿タイプを使えば、WordPressの投稿ページ(post)や固定ページ(page)以外に独立したページを作ることができるのです!(個別にテンプレートを変更できます。)

今回はWordPressのカスタム投稿タイプを簡単にできるプラグイン「Custom Post Type UI」を使ってみましたので、以下覚書です。

プラグインをインストールし、専用ページを作る

まず、プラグインCustom Post Type UIをインストールし、有効化します。2013-01-28_16h13_53

サイドバーにCustom Post Typesという設定項目が現れますのでAdd Newをクリックします。
2013-01-28_16h19_44

左側の投稿タイプ名にスラッグとなる名前、ラベルには日本語、説明を入力し、
最後にCreate Custom Post Typeをクリックします。

これでオリンパス PEN miniの専用投稿画面ができました!
サイドバーから「Add オリンパス PEN mini」をクリックすると投稿画面が開きます。

この記事のパーマリンクは先ほど作ったカスタム投稿タイプ名+投稿名になります。

ただ、これだけだと、このページはカテゴリやタグを選ぶことができないのです。
そこで登場するのが「カスタムタクソノミー(カスタム分類)」です。
カスタム分類はカテゴリやタグのような役割をしてくれます。

このカスタムタクソノミーは先ほどインストールしたプラグインの画面から作ることができます。
Custom Post Types >Add Newで右側の画面です。
2013-01-28_16h53_16

では実際にカスタム分類を作っていきます。

分類名は英語で表記します。ラベルは日本語でOKです。利用する投稿タイプには先ほど作ったカスタム分類の「オリンパス PEN mini」にチェックをいれます。
2013-01-28_16h58_23

続いて先ほど作った「ギャラリー」の中に細かく分類を作っていきます。(例:日常)
2013-01-28_17h14_32

これでカスタム投稿画面(記事の投稿画面)でカテゴリやタグのようにカスタム分類を使うことができるようになりました!
2013-01-28_17h20_34

後は、カスタム投稿専用のテンプレートを用意する必要があります。
この作り方については次回に紹介したいと思います。

※記事書きました!
カスタム投稿タイプを使ってカメラ専用のページを作る②

関連記事リスト

WordPressデータベースバックアップに必須のプラグインWP-DBManager
WordPressデータベースバックアッププラグインのWP-DBMan...

サイトの読み込みページを早くするWordPressプラグイン「Quick Cache」
Googleのスコアカードでサイトの状況の「ページ読み込み時間のパフォ...

wordpressのデータベース(mySQL)に独自テーブルを作りデータを取り出す方法まとめ
WordpressのMySQLデータベースに独自テーブルを追加して、そ...

WordPressを導入したら始めに入れたい、おすすめプラグイン5個
WordPressを導入したら始めに入れたい、おすすめプラグイン5個に...

WordPressでAPIを使ったサイト構築方法:ハーブティー専門店検索サイト編
WordPressでAPIを使ったサイト構築方法:ハーブティー専門店検...

あるとちょっと便利なWordPressプラグイン3個
最近はサイト作りはWordPressが基本なのですが、入れているプラグ...

WordPressで精度の高い関連記事を表示させるプラグインYARPPの設定方法
ブログの記事が増えてきたらPVを増やすためにも、より精度の高い関連記事...

【覚書】WPの固定ページを使ってサイトを作る
WordPressの固定ページを使ってブログではなく、サイトのように使...

WordPressでサイトアドレス(URL)を変更する方法について
WordPressでサイトアドレス(URL)を変更する方法について(バ...

WordPressで特定のカテゴリ(タグ)記事だけを表示させる方法
WordPressで特定のカテゴリやタグ内の記事を表示させる方法。アイ...

コメントを残す

このページの先頭へ